スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
米FRB緩和縮小観測で、債券投資信託資金流失続く
米連邦準備理事会(FRB)による緩和縮小観測が高まるなか、債券ミューチュアルファンド、および上場投資信託(ETF)から8月に入ってから総額197億ドルの資金が流出したことが、調査会社トリムタブス・インベストメント・リサーチの調べで明らかになりました。
約200億ドルとは、規模がまったく違いますね(´・ω・`)

FRBが現在月額850億ドルのペースで実施している債券買い入れの規模を近く縮小させるとの観測が高まるなか、金利上昇は日々続いています。

米国債券は買い時なのでしょうか。
いや、注目されている資産クラスに手を出すのはギャンブルをするのと同じです。
どうなるのか分からないからこそ、幅広く分散投資を進めるべきだと小生は考えます。
スポンサーサイト
[2013/08/23 07:20] | 投資信託・情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<しかし年金の偉大さはすごい | ホーム | 住宅購入「駆け込み」は正しい判断か>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tousishintaku.blog.fc2.com/tb.php/318-b3413036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。